絵本の読み聞かせと手遊びうた【10月】

   

まちスポ稲毛では月1回、小さなお子様向けに「絵本の読み聞かせ」や「わらべ歌・手遊びあそび」「木育おもちゃ広場」「簡単あそべるおもちゃ作り」をボランティアで活動しているサークル『ばありんず』の馬場恭子さんによる絵本の読み聞かせを行っています。

小さなお子様には豊かな心を育み、知的好奇心や想像力・集中力も身につく効果もある読み聞かせ。

また読み聞かせが始まる前には、東京おもちゃ美術館のおもちゃ学芸員でもあり、おもちゃコンサルタント、おもちゃインストラクターでもある馬場先生のチョイスされた楽しいおもちゃで遊べます。

こちらのページでは毎月の活動報告を追加していきます。

 

10月の活動報告

●グッドトイで遊ぼう!輪投げのわっかが大人気●絵本「やさい」「ハッピーハロウィン」●紙芝居「おいしいとびらをとんとんとん」

ジャックオーランタンのお面で遊ぶ

今月は「どんぐり」「ハロウィン」をテーマに遊びました。絵本や紙芝居もそれに合わせて「かぼちゃ」や「食べ物」「ハロウィン」にしました。帰りにハロウィンのおばけちゃんをお土産に!途中実物のくるみやどんぐりを触ってもらいどっ「どっちどっちどーちだ」のあてっこ遊びを楽しみました。

 

 

 

 

 - 未分類, 活動報告, 絵本の読み聞かせ